毛穴 クレンジング

目立つ毛穴を何とかしたい!毛穴ケアに効果的なクレンジング選び

毛穴でお悩みの方はかなり多く、黒ずみ・角栓・開きなど、お悩みの種類も様々です。
ケアしてもなかなか改善しない毛穴の悩みは、クレンジングを見直すことでスッキリ解消するかもしれません。

 

お手入れの基本とも言えるクレンジングは、オイルやクリーム、ミルクなど種類も豊富で、どのタイプを選ぶかも悩むところ。

 

そこで今回は、毛穴ケアに効果的なクレンジングについて詳しく解説していきます!

 

毛穴ケアに効果的なのクレンジングタイプは?

 

黒ずみや開きなどの毛穴のトラブルの改善には、クレンジングが重要なカギになります。
毛穴のお悩みを改善するためにお手入れを見直す時は、まずお肌の状態やお悩みに合わせて、クレンジングを選ぶことが大切です。

 

化粧水や美容液など、どんなに効果の高い化粧品を使っていても、クレンジングがしっかりできていなければ、その効果を実感することは難しく、肌の改善は期待できません。
毛穴の悩みを改善するためには、まずは自分に合ったクレンジング選びから始めましょう。

 

クレンジングの種類は、オイル・リキッド・ミルクなど数多くありますが、まずお悩みに合わせてタイプを選んでみましょう。

 

まず毛穴の黒ずみが生じる原因は、毛穴に詰まった皮脂や汚れ、角栓が酸化したことにより起こるので、しっかりと毛穴を洗浄できるクレンジングを選ぶことがポイントです。
毛穴の黒ずみや角栓の改善には、洗浄料が高いオイルやリキッドタイプがオススメです。

 

次に毛穴の開きは、皮脂分泌・肌の乾燥・エイジングが原因です。特に30代の毛穴の開きは乾燥とエイジングが原因になっていることがほとんどです。乾燥やエイジングが原因で開いた毛穴は、肌にハリがなくたるんでいるため、楕円形で縦長の毛穴が特徴的です。

 

乾燥やエイジングが原因の毛穴の開きは、保湿効果の高いミルクやクリープタイプがオススメです。この2つの種類はオイルやリキッドに比べると洗浄力は落ちますが、肌の負担が少なく、うるおいを残しながらしっとりと洗い上げることができます。

 

また日ごろのメイクが濃い場合、ミルクやクリームでは毛穴の汚れを落としきらずに、更に毛穴トラブルを悪化させてしまうこともあります。より洗浄力が高い順に選ぶと、オイル・リキッド・クリーム・ミルクとなるので、メイクに合わせて使いわかることも大切です。

 

このように毛穴トラブルや日頃のメイクに合わせてクレンジングを選ぶことで、より改善効果が期待できます。毎日使うものなので、自分の肌に合ったクレンジングを選ぶようにしましょう。

 

毛穴改善に効果的なクレンジング方法

 

クレンジング料は、少量では肌の負担が大きくなってしまうので、たっぷりとってTゾーンや小鼻の周りの毛穴が目立つところから優しく馴染ませていきます。小さな円を描くように内側から外側に向けて伸ばしていきましょう。

 

クレンジング料を馴染ませる時は、手のひらで包み込むようにして体温で温めながら行いましょう。毛穴が目立つからと言ってゴシゴシと力を入れて擦ってしまうと、肌のダメージとなり、毛穴トラブルを悪化させてしまうので注意しましょう。

 

クレンジング料を洗い流す時に、お湯を使うと洗い上がりと一緒に、顔のうるおいまでも失われてしまいます。冷たい水だと、メイク汚れが浮きづらく、毛穴の汚れを悪化させてしまうので、35℃~37℃程度のぬるま湯でしっかりと洗い残しがないようすすぎましょう。

 

クレンジング後は同様に優しく洗顔して、保湿を重視したスキンケアで肌の状態を整えましょう。

 

毛穴改善はクレンジングがカギに!

 

毛穴トラブルの改善には、お悩みに合わせて適切なクレンジング選びと正しい洗顔が重要です。しっかりと毛穴の汚れを落とし、肌の状態を整えておけば、洗顔後のスキンケアの効果がさらにアップしていきます。

 

毛穴改善のお手入れは、まずクレンジングの見直しから始めてみることが大切です。
今回ご紹介したクレンジング選びや方法を参考に、毛穴の目立たないツルスベ肌を目指しましょう!