毛穴 陥没

毛穴が陥没する理由と気になる凹凸肌を改善する方法

鼻や頬の毛穴が陥没し、お肌にクレーターのような凹凸ができてしまうと、ファンデーションも落ちくぼみ、人前に出るのも気が重たくなってしまいます。
なぜ毛穴は陥没してしまうのでしょうか…そして改善することはできるのでしょうか…

 

今回はそんな気になる毛穴の陥没について、その原因やお手入れ法などをお伝えしていきます。
効果的なお手入れをぜひ参考にして、凹凸肌をキレイに改善しましょう!

 

気になる凸凹肌…毛穴が陥没する原因は?

 

みかん肌やクレーター肌と言われる、毛穴が陥没して凹凸が目立つ肌は、かなり深刻なお肌の悩みと言えるでしょう。メイクが落ちくぼんだり、人の視線が気になったりと、日々ストレスを感じる原因になってしまいます。

 

なぜ毛穴が陥没してしまうのか…まずはその原因から見ていきましょう。

 

まず毛穴が陥没する原因の一つに、毛穴の開きが挙げられます。過剰な皮脂分泌や乾燥などで毛穴の開きが生じるようになり、開いた毛穴には皮脂や汚れ、老廃物などが溜まりやすくなり、その状態を放置していると次第に硬化し、角栓となっていきます。

 

毛穴の角栓が悪化すると更に毛穴は広がり、クレーターのような肌の凹凸が現れるようになってしまいます。

 

次に考えられる原因は、ニキビやニキビ跡の悪化です。肌にニキビができるとどうしても気になってしまい触ったり、潰したりしてしまう方も多いのではないでしょうか?

 

しかしニキビの芯を無理やり出すことで、毛穴の中には膿が溜まり、肌のハリや弾力を与える真皮層にまでダメージが伝わってしまいます。ダメージを受けたことで毛穴周辺の皮膚が凹み、毛穴の形を変形させてしまうのです。

 

このような原因で毛穴の陥没が生じてしまいます。そしてこの毛穴の陥没は肌の老化によって更に悪化してしまう傾向にあります。肌の老化は、加齢だけではなく紫外線・乾燥・酸化などによっても進行してしまうので、外的ダメージのケアも重要なポイントになります。

 

また肌が硬い・ゴワつきがある・脂性肌・乾燥肌など、毛穴が陥没するのは肌質も関係しているので、毛穴の陥没が気になる方は肌質自体の改善も必要になるでしょう。

 

陥没してしまった毛穴は改善できる?

 

軽度な毛穴の陥没であれば、自然と目立たなくなっていくことはありますが、肌内部までダメージを受けてしまった陥没毛穴を改善するためには、皮膚科や美容外科など専門的な病院で治療する必要があります。

 

病院で行われる治療としては、ケミカルピーリングやレーザーによる施術がメインになっていきます。

 

ケミカルピーリングは、フルーツなどの天然由来の酸を用いて、古い角質や老廃物を除去しながら、肌の再生を促します。ケミカルピーリングは、軽度な陥没毛穴の改善や予防に効果が期待できます。

 

そして重度な陥没毛穴には、フラクショナルレーザーでの治療がオススメです。フラクショナルレーザーは、皮膚に小さな穴をあけながら、ダメージを受けた皮膚組織の再構築を行い、肌の再生をダイレクトにサポートする施術です。

 

ケミカルピーリングもフラクショナルレーザーも、陥没毛穴を改善するためには定期的に病院で施術する必要があり、改善までにある程度の期間を要することになります。また保険外治療なので、少々高額な治療費が発生することになります。

 

陥没毛穴の治療は、早ければ早いほど改善効果が期待できます。
また角栓や毛穴の開きが陥没毛穴に悪化しないように、日頃から洗顔やスキンケアを意識して、肌の状態を整えておくことが大切です。

 

毛穴の陥没は病院で治そう!

 

一度毛穴が陥没してしまうと、改善はかなり難しく高額な治療費と時間が必要になります。
毛穴を陥没させないためには、日頃から毛穴のお手入れをしっかり意識して、毛穴トラブルを悪化させないことが重要です。

 

お肌のお悩みは未然に防ぎ、症状が出た時には早めに対処できるようにしておきましょう!